『彼女、お借りします』8巻あらすじ&レビュー【瑠夏ちゃん尊すぎ事件】

こんにちは、にこやです。

私が男だったら瑠夏ちゃんを彼女にしたいと思いました。

『彼女、お借りします』8巻です。

本記事の内容

  • 「彼女、お借りします」8巻概要&あらすじ
  • 「彼女、お借りします」8巻レビュー
  • 「彼女、お借りします」9巻に向けて
  • まとめ

≫前作を振り返る
≫「彼女、お借りします」を1巻から振り返る

目次

「彼女、お借りします」8巻概要&あらすじ

概要

  • 著者:宮島礼吏(みやじまれいじ)
  • 発行所:株式会社 講談社
  • 初版:2019年1月17日
  • 第14版:2020年7月31日

あらすじ

“お客さん”から”お隣さん”へと昇格(?)し、少し近づきつつあり、和也と水原。
そんないい感じの空気もつかの間、忍び寄るのはマミの影!
さらには、るかの策略で、和也は水原に、とんでもない”誤解”をされてしまい―――・・・?
楽しい日々には試練がつきもの!想いと絆が試される第8巻、スタート!!
引用:本誌裏表紙より

「彼女、お借りします」8巻レビュー

好きな人に送るプレゼントってめちゃくちゃ悩みますよね。

それも、片思いの人だったらなおさら。

重たいとか思われたくないし、引かれたくないし、、
でも、喜んでほしい。

「はっ、そうだ!なら相手の好きなものや趣味をまず知らないと!!」

と誰しもそう考えつきます。和也もその一人でした。

水原の誕生日を祝いたい


4月17日は水原千鶴の誕生日。

以前、クリスマスにスマホケースをもらっていた和也は「なにかお返しもかねてプレゼントを渡したい」と思います。

でも、千鶴の好みがわからない。
ネックレス?いやいや値段がピンきりだ。日用品?うーん、プレゼント感がまるでない。

だから、レンカノ・墨ちゃんとデートして水原の好みを聞き出し、プレゼントを買おう!という作戦にでました。

が、その前に和也は水原にとある誤解をされていたのです。

生じてしまった誤解


和也は水原にとある誤解をされてしまいました。

その発端は、瑠夏ちゃんとの”お泊りデート”です。
端的に言うと、「瑠夏ちゃんとあまーい一夜を過ごしたんでしょ?」ということ。

どこまでも積極的な和也の彼女・瑠夏ちゃんですが、今回はその勢いを更にもましてお届けしてくれました。

瑠夏ちゃんの手作りカレー&お泊り回


「なんかちょっと痩せた?」

そう彼氏を心配する瑠夏ちゃんは、和也のために「カレー」を調理するため和也宅に乗り込みました。

事前にレシピをメモして(計画的に?)たっくさん準備していた瑠夏ちゃん。

和也はそんな瑠夏ちゃんを見て、戸惑いながらも素直に感謝の気持ちを抱くのです。

食事が終わって帰らせようとする和也でしたが、なんと外は大雨。台風が近づいてきているとの情報もあり、電車もとまってしまいました。

こうして瑠夏ちゃんと和也の一夜が幕を開けます。

和也のめいっぱいの誠実な頑張り


別々の場所で必死に眠ろうと頑張る和也。

「このままじゃヤッちゃう・・・」

そう、自分の理性と戦いながらもんもんとしているところに、瑠夏ちゃんが真後ろにやってきます。

ここのシーンがめちゃくちゃ感動なんですよね。

瑠夏ちゃんの「自分が魅力的じゃないってわかってる」という言葉が和也の気持ちとは相反していて。

「そんなことないよ!!!!!」

ちょっと過激だけど、素直で可愛くてスタイルもいい瑠夏ちゃんが魅力的じゃないはず無いじゃん。こんな俺を好きだって言ってくれて、迷惑なわけないよ。

和也のまっすぐな言葉を、瑠夏ちゃんに届けるのでした。それも瑠夏ちゃん押し倒すような体勢のまま(おい)

その言葉を聞いた後の、瑠夏ちゃんの最高に幸せそうな顔といったら。
たまりませんでしたよね

「彼女、お借りします」9巻に向けて


9巻は水原のプレゼント選びと、実際にプレゼントを渡すところにいくのではないかな~と思います。

誤解されたままなので、そこも解消してほしいところ。
だって和也、理性と必死に戦って頑張ったんだもの!!!

報われてくれ~!

まとめ


以上、『彼女お借りします』8巻あらすじ&レビューでした。

8巻の内容をまとめると、

  • 瑠夏ちゃん、和也に手料理&お泊り会
  • 和也の本能vs理性の戦い
  • 水原の好きなものを聞き出すために墨ちゃんをレンタル

です。

今回は瑠夏ちゃんの大勝利!
お泊り会の描写は瑠夏ちゃんファンにとって何にも変えられないほど尊いものだったでしょう。

個人的瑠夏ちゃん可愛いポイント

  • キッチンにエプロン姿で立ちるんるんで調理する瑠夏ちゃん
  • コンドームを恥ずかしがりながら必死に隠す瑠夏ちゃん(可愛すぎた)
  • お風呂上がりにシャンプーの香りを匂わせながら隣でにこにこと笑ってくれる瑠夏ちゃん

あぁ、尊いです。

こんなに可愛いキャラを創造できる作者はきっと天才なのでしょうね・・

みなさんにも、ぜひ堪能してもらいたいです↓

では今回は以上です
次は9巻ですね。乞うご期待(`・ω・´)ゞ

次の巻も読む

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる