【和也、脱DTの兆し】『彼女、お借りします』4巻あらすじ&レビュー【るかちゃんエモすぎな事件】

コミック サブカルチャー

こんにちは、にこやです。

初めてラブホにいったのは何歳の時ですか?

さて、「彼女、お借りします」4巻を読みました。

一言いうと、「最後の展開はやばすぎ。ドキドキしちゃった」です。

本記事の内容

  • 「彼女、お借りします」4巻概要&あらすじ
  • 「彼女、お借りします」4巻レビュー
  • 「彼女、お借りします」5巻に向けて
  • まとめ

お話的には「るかちゃん」がメインになります。
過去の話もあったりしてね。

ただ、ビジュは千鶴が最強でした。

≫前作を振り返る
≫「彼女、お借りします」を1巻から振り返る

「彼女、お借りします」4巻概要&あらすじ

概要

  • 著者:宮島礼吏(みやじまれいじ)
  • 発行所:株式会社 講談社
  • 初版:2018年4月17日
  • 第17版:2020年7月31日

あらすじ

温泉旅行で水原と2人っきりの夜を過ごした和也。
少し2人の距離が縮まった!そんなとき―――、和也と水原の”レンタル関係”を知る謎の美少女・更科るかが登場!?
“2人の彼女編”、大荒れ模様の急展開!!
引用:本誌裏表紙より

「彼女、お借りします」4巻レビュー

「和也君の彼女にしてください・・・っ!」

そうきたかぁ。急な展開に私の思考はストップ。

正直、断る理由はないと思いました。
だって和也はDT大学生でとにかくフラストレーションの塊みたいな人間なんですから。

ましてや「瑠夏(るか)ちゃん」という誰もが二度見してしまうほどの美少女からの告白。

千鶴とは系統が違うけど、それでも可愛い。異論は認めます。

だから、和也が断ったときはとても驚いた。

でもその理由はとてもしっかりしていて。友人との関係が一番の理由。

だけど、るかちゃんにもきちんとした過去と理由があったのです。

ドキドキしない病


「ドキドキしない病なの。」

そう過去のるかちゃんは語ります。
何をしてもドキドキしない。脈が増えないんですね。

だから「一定の脈を刻み続ける、まるでロボットみたいな人間だ」と感じ人生をどこか悲観したように見つめていました。

そんな時、「レンタル彼女」を利用する和也に出会って普通はゆっくりなはずの脈がどんどん早くなる。

なんで?

そう疑問に思うより早く、「私はロボットなんかじゃなかったんだ。」と、そう聞こえてくるような描写。

まるで、ロボットだった自分が初めて人間になれたかのような高揚感と。

「絶対にこの人を失いたくない」

そんな思いが芽生え、そして強くなっていきました。

結局るかちゃんと付き合うことにした和也


和也はとっても友達思いです。
それは前作、前前作とみていて皆さんもご存じのはず。

だからこそ、栗林の事情を知ってしまったからるかちゃんと付き合うことは「絶対に無理だ」とまで断言していました。

だけど、泣きじゃくるるかちゃんと水原の後押しで、結局付き合うことに。

ただ、心の中には千鶴の存在と、当然栗林のことがまだ大きく残っていました。
いくら他の人に告白されたとしても、一度好きになった人ってそうそう忘れられないですよね。

ましてや笑ってしまうほど素直でまっすぐな和也ですから、それもそのはずです。

苦し紛れながらも、るかちゃんのため、そして水原のために付き合いを続けていく和也でした。

たどり着いた先は・・・ラブホ?!


千鶴とレンタルデートをしていた矢先、その場面をるかちゃんに見つかってしまった和也。

るかちゃんと付き合ってるのにちゃっかりレンタルはするんだね!!!(笑)とつっこんでしまったにこやです。

「節度のある付き合いをしましょう」

と突き放された言葉を言われ、どこかしょんぼりしている和也にムスっとするるかちゃんは、突然和也に目隠しをし始めました。

目隠しをされて連れ行かれた先は、なんと・・・ラブホテル?!?!

ラブホテルですることといったら・・・一つしかありませんよね。

次は一体どうなっていくのか。期待と興奮が止まりません・・・()

「彼女、お借りします」5巻に向けて


5巻は「ラブホ回」になります!!!

和也はついに脱DTなるか。
そしてるかちゃんの脈拍は再度急上昇するのか?!

脈上がりすぎて失神して救急車、みたいなオチありそうですよね。ないか。

本当はツンデレな千鶴と、が良かったけどここまで和也に一直線ならるかちゃんでも全然ありですよね。

私は応援します。

まとめ

以上、『彼女お借りします』4巻あらすじ&レビューでした。

4巻の内容をまとめると、

  • るかちゃん和也に大告白!
  • 千鶴公認で付き合い始めた二人。
  • ラブホに連れていかれた和也は・・・?

です。

内容的には”るかちゃん回”だったけど、個人的に千鶴のビジュが最強だったなと感じました。

特にファミレスのシーンとクリスマスの服。

千鶴推しにはたまらない一巻だったのではないでしょうか。

ちょっとムフムフしちゃいましたね。

きもいとか言わないでください。

では、今回は以上です。
次は5巻ですね。こうご期待!

次の巻を読む

人気記事【ヤーズ・ヤーズフレックス】ピルで避妊できている人とできない人がいる理由【大事な話】

人気記事【ピル】血栓症の症状と予防策について解説します。【知らないと危険かも】