『彼女、お借りします』10巻あらすじ&レビュー【尊さの掛け算!愛されの化学反応!】

コミック サブカルチャー

千鶴の制服はずるかった。

私も今の彼氏と制服デートしてみたいです(小声)

『彼女、お借りします』10巻を読みました。

本記事の内容

  • 「彼女、お借りします」10巻概要&あらすじ
  • 「彼女、お借りします」10巻レビュー
  • 「彼女、お借りします」11巻に向けて
  • まとめ

≫前作を振り返る
≫「彼女、お借りします」を1巻から振り返る

「彼女、お借りします」10巻概要&あらすじ

概要

  • 著者:宮島礼吏(みやじまれいじ)
  • 発行所:株式会社 講談社
  • 初版:2019年5月17日
  • 第11版:2020年7月31日

あらすじ

るかの”彼女宣言”で、和也への不信感を一層募らせたマミ。そんなとき、水原とばったり遭遇?!しかもその手には、和也宅で見かけた”あの”鞄!
疑念を深めたマミはついに、”事の発端(おばあちゃん)”にたどり着き―――・・・?
動乱の予感、第10巻!
水原との制服デートなど、ドキドキイベントも見逃すな!
引用:本誌裏表紙より

「彼女、お借りします」10巻レビュー

制服デートってなんかドキドキしません?

なんでも「制服」というのはプレミア価値がつく気がします。

制服ディズニー、制服プリクラ、制服デート、、、etc

これまで青春を味わう機会のなかったDT大学生和也にとっても、それは大きな価値のある夢だったのです。

千鶴と夢の制服デート


レンカノのサービスとして利用できる「設定」。

和也はこれを利用し、大好きな千鶴と制服デートを試みます。
デート先は、人気のテーマパーク。

当日現れた千鶴は、制服を見事に着こなしていて目のやり場に困るほど。

和也らしいけど、やたらと千鶴のスカートから覗く太ももを見る描写が多くてなんとなく恥ずかしくなりました

当然のことながら、千鶴はプロのレンカノです。
仕草、着こなし方、全てが洗練されている。会話に詰まれば、さらっと新しい話題を自然にふってくれる。

そんなプロの接客が今回もいかんなく発揮されます。

にしても、あんな美女が制服デートしてくれるなら全然お金払いますよね。

橋本環奈と制服デート・・・ううむ、ウン十万で足りるかしら。

水原とプリクラを撮りたい


水原とのデートに向けて、「やりたいこと」をピックアップしていた和也。

それに気づく千鶴は「遠慮しないの」と言ってなんでも協力してくれるのです。

なんか千鶴、前と態度が全然違いますよね。

レンカノとして成長している結果なのか、それとも・・・

という考察はおいといて。

プリクラを撮って家宝にしたい!という和也の思いは、半分現実になりました。

『恋人モード』

プリクラにはいろんな撮影モードがありますよね。

「恋人モード」にしようか迷っている和也に、ここでも千鶴が「遠慮しない」と言って恋人モードをポンっと選択するんです。

強気な千鶴も悪くない・・・

そう思っていたんですけど、最後の描写にやられました。

恋人らしいポージングで一枚一枚撮影していくんですけど、「ハグ」がちょっともう尊すぎて、やばかったですね。

千鶴もあんな表情するんだ~って。

誰にも見られていないあのアングル。当然、和也だって水原の表情をみれるはずがありません。

きっとふたりとも心拍数は上がっていただろうけど、和也はそれ以上にバクバクしていただろうから・・・

相手のことを察する余裕もないくらいふたりともドキドキしていて。

というか、お互いの心拍が聞こえる距離ってなんかえっちじゃないですか?

そこまで描写はされていなかったけど、オタクの想像力は無限大。

和也のバースデーパーティに不穏な動きが・・


無事制服デートが終わり、来たるは和也の誕生日(6月1日)。

和おばあちゃんが発端で、なんと千鶴の誕生日も一緒にお祝いすることになってしまいました。

だから、千鶴も連れてこい、というおばあちゃん。なんとも強引な。

そのことを、瑠夏ちゃんが和也との電話で察してしまったのです。

和也、ウソを付くのが最強に下手くそだから。うまくやれよ、、、と言いたくなりましたが

で、当日。実家に行こうとしたその時、目の前に野生の瑠夏ちゃんが出現しました。
超かわいく仕上げてきてる。ずるい。

そう思わずにはいられないほど、気合十分な瑠夏ちゃんでしたが実家に着いてからもその勢いは収まらず。

そして、千鶴が来るであろう時間になった時、千鶴からメッセージが届きます。

和也、一度飲み会のグループラインで千鶴のラインを知っていはいたけど追加できてなかったんですよね。

それが、向こうからアプローチがあったからおそらくその場で追加したのでしょう。

千鶴は電話越しに、おばあちゃんにメッセージを伝え始めるのでした。

その冒頭で、
「水原千鶴です」

と話し出すのです。

「彼女、お借りします」10巻に向けて


結構限界を迎えていた瑠夏ちゃんが、「和也くんを世界で一番好きなのは・・・!!」と言っていたタイミングで千鶴から電話がかかってきてしまいました。

しかも、千鶴は電話越しに

「水原千鶴です」

と言うのです。

ん?水原・・・・って言ってる?

一体どういうことだ。

本名じゃなく、レンカノでの名前を名乗ったことにどんな意味が込められているのか。
そして、瑠夏ちゃんの攻防はどういった結末を迎えるのか。

楽しみすぎますよ、さすがに・・・!

まとめ


以上、『彼女お借りします』10巻あらすじ&レビューでした。

10巻の内容をまとめると、

  • 和也、千鶴とずっと憧れだった制服デートをする
  • 二人でプリクラをパシャリ
  • 瑠夏ちゃん、実家についてきてごますり爆裂
  • 千鶴が和おばあちゃんに「水原千鶴です」と自己紹介をして・・?

こんな感じです。

内容としては制服デートがメインで、千鶴の可愛らしい仕草とか言葉とか、前とは違った一面を見ることができました。

それに水原の夢を応援する和也も見れたので、個人的には清々しい気持ちで前半読み終えることができましたね。

ただ、後半はドロドロでしたよ。

なんていったって、瑠夏ちゃんが実家にのりこんじゃったんですから。

またもや千鶴・瑠夏ちゃん・和也の三角関係バチバチのフラグか?なんて思っていたら、まさかの電話で・・・という展開。

何が起こるかわかりませんよ。

ちなみに、11巻は彼的「瑠夏ちゃんの神巻」らしいので、そのへん期待したいと思います。

では今回は以上です。
次は11巻ですね。乞うご期待!

人気記事【ヤーズ・ヤーズフレックス】ピルで避妊できている人とできない人がいる理由【大事な話】

人気記事【ピル】血栓症の症状と予防策について解説します。【知らないと危険かも】