【複雑なの?】トリキュラーの飲み方&副作用を教えます【経口避妊薬】

トリキュラー ピル

みなさんんこんにちは、にこやです。
先日、この記事を投稿しました。

トリキュラーってどんな薬?

これに情報を付け加える形で、本記事を執筆していきたいと思います。

本記事の内容

  • 「トリキュラー」の飲みかた
  • 「トリキュラー」を飲むときに注意すること
  • 「トリキュラー」の副作用
これは、本格的にトリキュラーの服用を考えている人や、現在服用中の人向けの記事です。

それではいきましょう。

「トリキュラー」の飲みかた


トリキュラーには、2つの種類があります。

  • トリキュラー錠21
  • トリキュラー錠28

トリキュラー錠21

  • 一日一錠を、自分の決めた時刻に決められた順番に従って服用します。
  • 21日間連続で服用して、その後7日間休薬します。

引用:LOC 低用量ピル普及推進委員会

 
この28日間を投与1周期として、出血が終わっているか続いているかに関わらず、29日目から次シートの錠剤を服用します。
これを繰り返します。

トリキュラー錠28

  • 一日一錠を、自分の決めた時刻に決められた順番に従って服用します。
  • 28日間連続で服用します。休薬期間はありません。

引用:LOC 低用量ピル普及推進委員会

 
この28日間を1周期とし、出血が終わっているか続いているかに関わらず、29日目から次シートの錠剤を服用します。
これを繰り返します。

どちらも、28日を1周期とするのは共通していますね。

おススメなのは、「トリキュラー錠28」

理由:管理がとても楽だから

トリキュラー錠21では、休薬期間が設けられています。
なので、いちいち「今薬を飲まなくなって何日目か」を意識する必要がありますよね。

でも、28ではそんな必要ありません。
7日分は「偽薬」といって、ホルモンの含まれていない錠剤をのむことになります。
目の前にある薬をただ飲み続けるだけでいいので、管理がとても楽です。

補足:なぜピルに色がついているのか

なぜなら、トリキュラーは3相性のピルだからです。

ピルには1相性と3相性があります。

  • 1相性ピル・・・ホルモン配合比率が同じ錠剤を服用する
  • 3相性ピル・・・21日の間に配合比率を変えた3つの錠剤を飲み分ける

トリキュラーは3相性ピルなので、1シートの中には配合比率の異なる3つの錠剤があるわけですね。
飲み違いを防ぐために、錠剤が色分けされているのです。

ちなみに


引用:LOC 低用量ピル普及推進委員会

 

  • LNG:レボノルゲストレル(黄体ホルモン)
  • EE:エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)

です。こんな風に、配合比率が変化していきます。

ここまで、なんとなく理解していただけたでしょうか。
それでは次に、服用時の注意点について話していきます。

トリキュラーを飲むときに注意すること


ポイントを追って説明していきます。

服用時の注意点

  • 生理がきたその日から服用を開始すること。
    →遅れた場合、飲み始めの最初の1週間は他の避妊法を併用することが望ましい。
  • 毎日、同じ時間帯に服用すること。

飲み忘れてしまったらどうするの?

1日の飲み忘れだったら、気づいた時点ですぐ1錠飲んで、その後いつも通りの時間に1錠服用すれば良いと言われています。
ただ、2日以上飲み忘れた時はそうではありません。

2日以上飲み忘れた時は

2日以上飲み忘れた際は、一度服用を中止してください。
次の月経を待ち、きたら再度月経1日目から服用を開始しましょう。

トリキュラーはタイミングによって飲む錠剤が異なりますから、2日以上飲み忘れると結構面倒くさいですね。

以上、服用方法とその注意点についてでした。
この後は、副作用について話していきます。

「トリキュラー」の副作用


副作用にはざっくり以下があります。

  • マイナートラブル
  • 血栓症

それぞれ見ていきましょう。

マイナートラブル

頻度の高い順に列挙していきます。

  • 吐き気・嘔吐
  • 下腹部痛
  • 乳房緊満感
  • 頭痛
  • 浮腫・体重増加
  • 下痢・腹痛

他にも不性器出血など起こるようですが、頻度不明となっていました。

なぜマイナートラブルが起こるの?

それは、トリキュラーを服用することによって身体のホルモンバランスが妊娠中とそっくりな状態になるためです。
妊娠初期のつわりとよく似た症状がおきます。

ただ、マイナートラブルに関しては身体がホルモンに慣れてくればおさまるので、だいたい1~3か月ほどで治ります。

それ以上続くようでしたら、一度医師に相談してみましょう。

それより本当に怖いのは、血栓症です。

血栓症

血栓症とは、血の流れが弱くなったりすることで血管内で血液が一部固まってしまう状態のことをいいます。

初期症状

  • 激しい頭痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 突然の激しい痛み
  • 呼吸困難
  • 胸痛
  • 動悸

このような症状がでてきたら、他に思い当たるものがなければすぐに医療機関を受診してください。
すぐに受診できない場合は、電話で相談するのもいいかもしれません。

ヤーズフレックスという超低用量ピルでは、死亡例が3件開示されていたり、と血栓症の怖さが良くわかっています。

血栓症については、こちらの記事で詳しく書いています。
まだの方はご一読ください。↓

血栓症の症状&死亡例&予防方法について

まとめ


以上、トリキュラーの飲みかた&副作用についてでした。

  • 飲みかたには2通りある。
    →自分の好きな方を選んでOK
  • マイナートラブルはだいたい3か月くらいで治まる
  • トリキュラーにも血栓症のリスクがある

このようにまとめます。

最後結構怖いことを書いてしまいましたが、一概に血栓症のリスクが上がる、といっても飲む人の年齢や喫煙歴、家族歴などの背景によってだいぶ変わってきます。

医師の診断がなければピルは処方してもらえないので、不安があればその時医師に相談してください。
ピルを飲むことによってのメリットもみながら、服用の有無を選択していけたらいいですね。

ピルのオンライン診療を紹介

自宅にいながら医師の診察を受けられ、ピルを処方してもらえるサービスがあります。
自分の自由な時間に診察を受けたい、人と会いたくない、そんな悩みを持っている方にピッタリなサービスです。
気になる方は、下記リンクからチェックしてみてください↓

\こちらをクリック!/

 

人気記事【ヤーズ・ヤーズフレックス】ピルで避妊できている人とできない人がいる理由【大事な話】

人気記事【ピル】血栓症の症状と予防策について解説します。【知らないと危険かも】