「甲状腺腫瘍」の病態&手術&看護まとめ【看護師】

キャリア 知識

みなさんこんにちは、にこやです。
今回は、甲状腺腫瘍の病態と看護についてまとめていきます。

本記事の内容

  • 甲状腺腫瘍の概要
  • 甲状腺摘出術の種類
  • 甲状腺摘出術を受けた患者への看護

耳鼻科疾患の中では、外科的な手術のある病態なので術後に注意することが多いのが特徴です。
今回、そのポイントなど分かりやすくまとめたので是非参考にしてくださいね。

それでは、行きましょう。

甲状腺腫瘍の概要


ポイントは以下の3つです。

  • 甲状腺腫瘍には良性と悪性がある
  • 甲状腺腫瘍の症状
  • 甲状腺治療の種類

甲状腺腫瘍には良性と悪性がある

良性

しこりのようなもので、多くが良性です。
ヨードの不足で、しこりを生じることもあります。

悪性

乳頭がん、濾胞(ろほう)がん、低分化がん、髄様がん、未分化がんなどがあります。
放射線や、橋本病が原因となることがあります。

甲状腺の大きな腫れ⇒橋本病、バセドウ病の可能性もあります。

甲状腺腫瘍の症状

  • 首の腫れ
  • 声のかすれ(嗄声‐させい‐)
  • ものの飲み込みにくさ
  • 息のしにくさ

上記の症状があります。
首のしこりで気が付き、受診に至ることが多いです。

甲状腺手術の種類


基本的には手術をします。手術をすることで、予後の延長が期待できるためです。

  • 葉切除
  • 亜全摘
  • 全摘

の3種類があります。

葉切除

正常な方の甲状腺を残すやり方です。

小さめ+転移なし+左右どちらかだけ⇒葉切除を選択します。

亜全摘・全摘とは異なり、甲状腺の機能はほぼ保たれています。

亜全摘・全摘

左右にまたがる+リンパ節転移が多い+遠隔転移がある⇒亜全摘・全摘を選択します。

甲状腺全摘をするとホルモン産生がなくなるので、甲状腺ホルモンの内服が生涯必要となります。
そしてだいたい副甲状腺も一緒にとってしまうので、カルシウムの内服も必要となることがあります。

採血結果を見て、どんな薬が追加になるか予想できるといいですね。

甲状腺摘出術を受けた患者への看護


主に下記の2つに絞って説明します。

  • 術直後
  • 術後1日目以降

術直後

主に術後出血に注意が必要です。

観察項目

  • 嗄声の出現・・・気道狭窄があったりすると起こる
  • 頸部の圧迫感・・・創痛との区別が難しいかも
  • 創部の明らかな腫脹・・・見た目として出てくることがある
  • ドレーン性状の変化・・・突然色が濃くなったり、量が増える
  • 呼吸状態、全身状態(VSの変化)・・・出血を疑ったらまずSpO2と血圧を測ろう

術後出血は6時間以内に起こることが多いです。
そのため、基本的に術後は安静指示が長くなります(翌日朝までベッド上安静など)。

術後出血によって喉頭浮腫や気道狭窄を起こし、緊急対応が必要となることがあります。
従って、上記の観察項目は非常に大切です。

ちなみに、ドレーンを挿入することで術後出血を予防できる効果はないので、ただ出血したときに分かる便利な管だと思ってください。
ドレーンが抜けると一大事ですので、固定や扱い方も同時に気にしてくださいね。

術後1日目以降

  • 術後出血
  • リンパ漏
  • 乳び漏
  • 反回神経麻痺(嗄声)の出現
  • テタニー症状(ほぼ全摘のみ)の出現

これらに注意が必要です。

リンパ漏と乳び漏

ドレーンの色の変化を観察して、ドクターに報告します。

  • リンパ漏:淡黄色~乳白色
  • 乳び漏:淡黄色(リンパ漏)~白濁液

これらが持続すると、創部を圧迫したり脂肪制限食、絶食などの対応をすることがあります。

反回神経麻痺

反回神経麻痺については、嗄声が出現することがあります。
嗄声の出現は、誤嚥の原因になるので注意が必要です。

テタニー症状の出現

基本的に全摘した方で、Ca製剤の投与が不十分な方に多いです。
葉切除した方でも起こることがあります。

手のしびれ⇒手指の硬直⇒四肢の硬直

このようにすすんでいきます。
点滴ですぐに改善するので、症状があればドクターに報告しましょう。

手のしびれや硬直があると、患者さんに精神的不安を与えてしまいます。
すぐに良くなることを説明するなどし、不安を軽減できるよう介入しましょう。

 
以上、甲状腺腫瘍についてでした。

  • 甲状腺腫瘍の概要
  • 甲状腺摘出術の種類
  • 甲状腺摘出術を受けた患者への看護

なんとなく、分かっていただけたでしょうか。
術直後は、とにかく術後出血の有無が大切ですからね。

これからも、勉強したことをどんどん発信していきますのでよろしくお願いします。

まとめてほしい病態などあれば、twitterのDMまでどうぞ⇒@nikoya_1234

それでは!

人気記事【ヤーズ・ヤーズフレックス】ピルで避妊できている人とできない人がいる理由【大事な話】

人気記事【ピル】血栓症の症状と予防策について解説します。【知らないと危険かも】