「ライアー・ライアー3巻-嘘つき転校生は偽お嬢様のニセモノを探しています。-」【感想&あらすじまとめ】

サブカルチャー ライトノベル

こんにちは、にこやです。

なかなか表紙のインパクトが強い巻でした。

「ライアー・ライアー3巻-嘘つき転校生は偽お嬢様のニセモノを探しています。-」

本記事の内容

  • 「ライアー・ライアー3巻」概要&あらすじ
  • 「ライアー・ライアー3巻」感想
  • 「ライアー・ライアー3巻」4巻に向けて

不穏な展開にハラハラドキドキです。

前作はこちら

一巻から読みたい方はこちら

「ライアー・ライアー3巻」概要&あらすじ

作品について

  • 著者:久追遥希 先生
  • イラスト:Konomi(きのこのみ) 先生
  • ジャンル:学園頭脳ゲーム&ラブコメ

登場人物

  • 篠原緋呂斗(しのはら・ひろと)
  • 姫路白雪(ひめじ・しらゆき)
  • 彩園寺更紗(さいおんじ・さらさ)
  • 秋月乃愛(あきづき・のあ)
  • 浅宮七瀬(あさみや・ななせ)
  • 榎本進司(えのもと・しんじ)

あらすじ

突如「西園寺更紗」のニセモノがあらわれました。

「私と勝負しなさい!」

「私が本物の西園寺更紗で、アカウントを奪われたのよ!」

こう発言するスーパー美少女。
そう、突如として第2の西園寺更紗が現れたのです。

「私との勝負に勝ったら、その場でアカウントを明け渡してもらうわ。」

一方的に告げるニセ更紗。


「やってやるわよ・・・」と本物更紗は意気込みます。

戦いの舞台は「五月期交流戦」

学区対抗の交流戦で「お祭り」感覚で楽しむ要素の強いイベント。
通称「アストラル」。

ニセ更紗は、アストラルで緋呂斗を倒した方が本物の更紗だと証明できる、という理屈を述べました。
つまり「緋呂斗を倒した方が勝ち」です。

参加者は各学区内で選ばれた一部の生徒、5人のみ。
5人1チームでのチーム戦。

篠原緋呂斗は当然そのメンバーに選ばれます。
そして他メンバーというのが、緋呂斗の付き人「姫路白雪」と前作初登場した「秋月乃愛」、そして今回初登場の「浅宮七瀬」と「榎本進司」。

浅宮と榎本は英名の生徒会役員であり2人とも6ツ星で「超強い」のですが、幼馴染で喧嘩が絶えずとにかく相性が最悪でした。

アストラル初日から雲行きが・・・?

初日から二人は口喧嘩、口喧嘩、口喧嘩。

売り言葉に買い言葉で、事態はあまり良い方には進みません。
リーダー役の緋呂斗は頭を悩ませてしまいます。

こんなちぐはぐなチームで英名は他学区チームに勝てるのか。
そしてニセ更紗との勝負は一体どうなっていくのか・・・!

「ライアー・ライアー3巻」感想


今回もワクワクドキドキさせてくれる展開で良き。

(以下ちょっぴりネタバレありますのでご注意ください)

相性が悪すぎる最強コンビ

浅宮七瀬と榎本進司、この二人の話です。

最強の運動神経をもちギャル系コミュ力高い七瀬と、一瞬でありとあらゆることを記憶できる頭脳明晰な榎本。

単体では超最強なのに、合わさると最悪なんですよね。

緋呂斗はそんな二人をも騙しながら、アストラルで勝ち抜こうと知恵をふり絞っていきます。

しかし・・・・・。

3日目の午前で二人が試合放棄?!

とある混乱のせいで二人の仲が更に悪くなってしまいます。
そして、あろうことか二人は試合を放棄。

チーム戦なのに放棄はありえねー!

と思いましたが、緋呂斗はそんなことも見越していました。

すごいな緋呂斗。。

放棄してしまった後、緋呂斗・姫路・乃愛の3人で敵チームと戦うことになります。

次どうなっちゃうの・・?!

んー、終わり方が非常に意味深でした。

  • 一体緋呂斗はなにを企んでいるのか?
  • どんな理由があってそうしているのか?
  • そして最後のシーンは一体は誰なのか?

想像力がぐわっと掻き立てられる結末。

正直、これまでの情報からは全然想像がつきません。
緋呂斗がなにかしてくれる、というのは分かるんですけど・・(笑)

4巻楽しみですね。

「ライアー・ライアー3巻」4巻に向けて


4巻に全てのネタバレが詰まっているような感じですね。
今のところは不明な要素が多すぎてもやもやします。

早く4巻を読みたいところです。

個人的に紬ちゃん(上の画像の子)怪しいと思うんだけれど・・・
あんなに可愛くて厨二な女の子、そうそういませんよ。

さて、今回は以上です。
4巻本当に楽しみだな~早く読みたい。

読んでいただきありがとうございました!

購入はこちらのリンクから

人気記事【ヤーズ・ヤーズフレックス】ピルで避妊できている人とできない人がいる理由【大事な話】

人気記事【ピル】血栓症の症状と予防策について解説します。【知らないと危険かも】