『ライアー・ライアー2巻-嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています-』【レビュー&あらすじ】

サブカルチャー ライトノベル

みなさんこんにちは、にこやです。

今回は、久追先生著作『ライアー・ライアー2巻‐嘘つき転校生は小悪魔先生に狙われていますー』を紹介していきます。

2周したら更に面白かった・・・。

1巻をまだ読んでいない方、振り返りをしたい方はこちらもどうぞ↓

購入はこちらのリンクから

それでは見ていきましょう!

『ライアー・ライアー2巻-嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています-』概要&あらすじ

『ライアー・ライアー2巻-嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています-』概要

著者:久追遥希 先生
イラスト:Konomi 先生
ジャンル:学園頭脳ゲーム&ラブコメ

キャラ紹介

・篠原緋呂斗(しのはら・ひろと)・・・7ツ星
・姫路白雪(ひめじ・しらゆき)・・・4ツ星
・彩園寺更紗(さいおんじ・さらさ)・・・6ツ星
・秋月乃愛(あきづき・のあ)・・・6ツ星

あらすじ

今回の舞台は『区内選抜戦』という英名学園特有のイベントです。
緋呂斗に降りかかる火の粉が大変なことになっています。(笑)

具体的に見ていきましょう。

『区内選抜戦』が始まる!

毎年4月下旬に行われ、チュートリアル的な意味合いを持つイベントです。
敗けたら脱落、という生き残り形式のルールが設定されています。

不穏な動きをする秋月乃愛(あきづき のあ)

その区内選抜戦で不穏な動きをする人物がいました。
その名も、英名の小悪魔『秋月乃愛(あきづき・のあ)』。

秋月乃愛が計画的でやばすぎる

敗けたら脱落のため一度も負けが許されない緋呂斗。
乃愛はそんな緋呂斗の行く手行く手に現れ、計画の邪魔をしていきます。
一体何の目的で邪魔をしてくるのか。
緋呂斗たちは悩まされました。

白雪が乃愛にさらわれた?!

秋月の陰謀で白雪が誘拐され、緋呂斗とは白雪とゲームをしなければならなくなります。

白雪は、『勝つことを目指さないでください』という意味深なメッセージを残して。

『不等辺三角形』というゲームで上手くことをおさめた緋呂斗は、乃愛との決闘にもつれこむこととなります。

乃愛VS緋呂斗

乃愛から『盤上宝探し』というゲームを挑まれました。
色付き星の効果を裏手にとり、なんとかゲームを攻略していく緋呂斗。
最後は秋月のチートアビリティに屈するか、と思いきや前半での伏線を回収して見事な大逆転をします。

勝負に負けた秋月は、緋呂斗に自分の過去を話し始めました。

秋月乃愛の後ろにいたもう一人の人物が明らかに

傷心中の乃愛につけこんだのが、12番区聖城学園の学長『倉橋御門』と判明します。

計画に失敗したから、私は一生倉橋の奴隷として生きていくしかない、と言う乃愛を見て、緋呂斗はある計画を立てました。

倉橋の不正を皆に知らしめる計画。

結果、その計画は大成功に終わり、乃愛は緋呂斗の仲間になって物語は終わります。

『ライアー・ライアー2巻‐嘘つき転校生は小悪魔に狙われています。‐』の見どころ3選!

『ライアー・ライアー2巻‐嘘つき転校生は小悪魔に狙われています。‐』の見どころ3選!

  • ①キャラの可愛さが炸裂してる
  • ②まさか?!というイカサマアビリティ
  • ③散りばめられる伏線

もっと見ていきましょう!

①女キャラの可愛さが炸裂

前半に、緋呂斗と更紗が二人で買い物に行く場面があります。

前夜の通話で更紗が緋呂斗に言った言葉

「、、、でも、でもね?篠原」
「明日が楽しみっていうのは、別に嘘じゃないわ」『ライアー・ライアー2巻-嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています-』P.96

更紗は緋呂斗との買い物(デート)のために、新しい服も買ったと伝えています(かなりツンデレしながら)。
更紗の不器用な性格が可愛すぎますね。

緋呂斗が白雪にアビリティのプレゼントをした場面。

「ありがとうございます、ご主人様。…私、一生大切にしますね。」『ライアー・ライアー2巻-嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています-』P.117

緋呂斗が何気なく言った「こういうのも初めてだから」という言葉にも反応しちゃう白雪。嬉しそうにチップを抱える白雪がどこまでも尊いです。

一連の騒動が終わって乃愛が緋呂斗の仲間になった場面。

「乃愛が、緋呂斗くんの”特別”になれたってことだよね?」『ライアー・ライアー2巻-嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています-』P.314

乃愛にとって、誰かの「特別」になれたことはすごく大きな意味を持っています。
そのあと、緋呂斗の適当な返事に対する乃愛の反応が堪らなくいい。

乃愛たんがイラストともに本当に可愛すぎる・・・!

久しぶりに生まれた、私の推しです。超最高。

②まさか?!というイカサマアビリティ

乃愛VS緋呂斗の場面で、最後に出してきた乃愛のアビリティがチートすぎました。
その名も、『運命改変』アビリティ-回答をなかったことにする-

回答権が3回しかなく、それをどのように使っていくかの心理戦で「回答を無効化する」というのがとんでもなくチートであることはわかりますでしょうか。。。

乃愛たん、どこまでもやってくれるな・・・(心の声)

まあ、最後は緋呂斗がきれいに終わらせてくれましたけれど(;^ω^)

どのように終わらせたかは、是非本を読んで知ってください。衝撃です。

③散りばめられる伏線

「篠原がいなければ今年の『区内選抜戦』はその子の同檀上だったんじゃないかしら?」『ライアー・ライアー2巻-嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています-』P.112

何気ない会話でしたが、のちに発覚する乃愛の過去にも繋がる描写でした。

また、未だ明らかにされていない描写もあります。

(ほんと、何かしらの事情があったとしか思えないんだけど……)『ライアー・ライアー2巻-嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています-』P.253

更紗が緋呂斗に負けたこと(1巻)があまりに不自然で、何かしら事情があったに違いない・・・と緋呂斗が回想する場面です。

一体どんな事情があったのでしょう。非常に気になります。

—— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ ——

ライアー・ライアー2巻はキュンキュン要素がたっぷり

当然ゲームも面白いのですが、それ以上にキャラクター愛が深まる回でした。
また、回収されていない伏線もあるのでそれが今度どう明かされていくのか、、!
それも楽しみですね。

まだ読んだことのない方は、是非読んでみてください!

人気記事【ヤーズ・ヤーズフレックス】ピルで避妊できている人とできない人がいる理由【大事な話】

人気記事【ピル】血栓症の症状と予防策について解説します。【知らないと危険かも】