【2020年版】ゲーマー女子必見!おすすめゲーミングマウス特集【可愛いは正義】

生活 買い物

ゲーマー女子「ゲーミングマウスですごい悩んでるんだけど、結局どれがいいんだろう。性能の名前も難しいからよくわからないな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 見るべきポイントは2つあります
  • 女子ゲーマーにおススメゲーミングマウス7選

この記事を書いている私は、昨年にRAZERのLancehead Tournament Edition QUARTZというマウスをゲット。
それまで、散々ゲーミングマウスを探しまくりました。

調べれば調べるほど、わからなくなってくる・・・。

特に一番最初のマウスは選ぶのは本当に大変。
でも、この記事に沿って考えていけば自然とほしいマウスを絞れるようになっています。

手順を追って、見ていきましょう。

見るべきポイントは2つあります

2020年ゲーミングマウス見るべきポイントは2つ

主に下記の2つ

  • その①:好みの見た目か
  • その②:機能性はどうか

それでは見ていきましょう。

その①:好みの見た目か

見た目というのは、自分の洋服と同じようなものです。
気に入れば気に入るほど、愛着がわくしなぜかゲームの調子もいい。

だから、きちんと自分が気に入るデザインのマウスを厳選するのがポイント。

正直、直観の「これいいかも!」が正解だったりします。

でも、やみくもに見ていっても頭がこんがらがってきてしまいますよね。
いくつか要点を絞りましょう。

まずは、ゲーミングデバイスの装飾に欠かせない『光』。

光らせたいか

光るゲーミングマウス
光るデバイスは、PCゲーマーにとって憧れのひとつ。
インスタ映えも狙えて、周りに自慢できます。

実際に目の前で光らせたときは、ゾクゾクっとする興奮がありました。

次は、色を考えます。

色を統一しよう

  • ピンクでかわいらしい印象にしたい?
  • ホワイトでオシャレな感じにしたい?
  • それともブラックでクールにきめたい?

こんな風に、自分の中でテーマを作っておくことが大事です。
統一感のないデスクは、どうしてもダサく見えてしまう。
せっかくお気に入りのマウスを買うのだから、おしゃれに見せたいですよね!

難しい人は、色を3色くらいにまとめるといいですよ。

その②:ゲーミングマウスの機能性

FPSなどのゲームをやる人は、機能性の高いマウスがおすすめです。
これも、要点ごとに説明します。

有線か無線か

・有線のメリット・デメリット

〇遅延がない
〇軽いものが多い
×コードの絡まりでストレスを感じることがある
×持ち運ぶときにちょっと面倒くさい

・無線のメリット・デメリット

〇コードがないのでストレスフリー
〇持ち運びが簡単
×充電の持ちを気にする必要がある
×本体が重くなることが多い
×遅延が起こるリスクが高い

ざっと挙げました。
最近は無線でも有線と同じくらいの活躍ができるものが開発されているので、無線のデメリットというとやはり重さ・充電でしょうか。

「あとどれくらい使えるかな」

と考えるのが面倒くさい人は、有線の方が楽です。
でも結論、好みで決めて大丈夫。

DPIは最大でどれくらいか

DPIとは:「Dots Per Inch」の略で、マウスを1インチ(2.54cm)動かしたときに画面上に表示されているマウスカーソルが何ドット動くかというのを表す数値です。

dpi2000など数値が大きいと、1インチ動かしたとき伝わる情報量が多くなるため、俊敏にカーソルを動かせます。

大きければ大きい方がいいの?

という疑問がありますが、それは違います。
大半のプロゲーマーは400や800で設定し、あとはゲーム内感度を調整しているそう。

自分に合ったプレイスタイルを探せる、という意味では大きいDPIが搭載されているマウスはおススメですね。
これは、参考程度でOKです。

軽さはどうか

軽さは結構大事。
ゲームに熱中してると、気づいたら5時間6時間経ってる、なんてことありますよね。
だから軽い方が負担は少なく、疲れにくい。

もちろん、手に合ってる合ってないはありますが、こればかりは実際手に持ってみないとわかりませんよね。
なので、Webで参考にするときは『軽さ』に注目してみてみましょう。

これらを踏まえておススメゲーミングマウス5選

2020年おすすめゲーミングマウス
見た目×性能を重視し、私の独断と偏見で選びます。

唯一無二の可愛さ:RAZER Lancehead Tournament Edition QUARTZ

  • 16,000DPI 5Gオフティカルセンサー内蔵
  • オンボードフラッシュメモリ内蔵
  • 1680万色のカラーオフションをそなえたRazer Chromaライティング

こちら、筆者が現在使っているマウス。
女性の中では手が大きい方ですが、フィット感がありかなり使いやすい。
重量感は少しありますが、それはそれで安定して動かせるメリット。

そして見た目がとてもかわいい。全女子ゲーマーにおススメです。

RAZERピンクの最新版:Basilisk Quartz Pink

  • 世界最先端のゲーミングオプティカルセンサー
  • スクロールホイールの抵抗感をカスタマイズ可能
  • 2 つの長さから選べる着脱可能な DPI クラッチ
  • ゲーミングに最適化された Razer™ メカニカルマウススイッチ
  • Powered by Razer Chroma
  • サイズ:長さ 124 mm x 幅 75 mm x 高さ 43 mm
  • 重量:107 g (ケーブルを除く)

正直、性能の点で前作と何が違うのかはわからないです。(笑)
でも、新作はデザインが独特な感じでオシャレですよね。
こちらが気に入れば、買いだと思います。

ホワイトでおしゃれに:Razer Basilisk Mercury White

こちらは、2番目におススメしたマウスの色違い。

ホワイトでそろえるのも結構おしゃれにきまりますね。
デスクの色にも合わせやすいので、統一感を出しやすい。

※性能は、Razer Basilisk Quartz Pinkを参考にしてください。

超有名プロゲーマーも絶賛:Razer Viper

  • True 16,000 DPI Razer 5G 高性能オプティカルセンサー
  • クリック耐久性 7,000 万回の Razer™ オプティカルマウススイッチ
  • Razer™ オプティカルマウススイッチ
  • 1,680 万色のカラーオプションを備えた Razer Chroma™ ライティング
  • 左右どちらの手でも使える 69g の軽量デザイン
  • 概算サイズ:長さ 126.73 mm×幅 66.2 mm×高さ 37.81 mm

こちら、軽すぎて一時騒然となった有名マウス。
なんといっても、たけのこの里?きのこの山?一粒と同じ重量だとか。
RAZERの革命です。

プロゲーミングチーム『父の背中』のはつめさんが、インスタでとても使いやすいとおススメしていました。

Mionix CASTOR Frosting Optical Gaming Mouse MNX-01-26006-G

  • ネイティブ5000DPI オプティカルセンサー(PMW-3310)
  • 128kB ビルトインメモリ
  • 50DPI刻み、50-5000DPI設定可能
  • 6つのプログラム可能なボタン
  • 右利き用エルゴノミクスデザイン
  • ソフトタッチコーティング

これ、結構かわいいデザインですよね。
価格も1万円以内と良心的だし、性能も上記に挙げたマウスと比べて大差ない。

右利き用なので、左利きの人には向かないのが惜しいですね。

安さ×可愛さ、でいったらこれがダントツでしょう。

まとめ

以上、ざっくり説明しました。
実際に私が使ってみて思うのは、「1万円前後のものであれば見た目重視で選んでいい。」
これです。

諭吉さんを出せば、FPSなどがっつりゲームをしていく上で困らない性能のマウスがどれを選んでも手に入ります。

自分が気に入ったデザインであれば、使っていくうちにそれは最強のマウスになる。
なので、迷ってるのなら『直観』で決めるのもアリ、ですよ。

人気記事【ヤーズ・ヤーズフレックス】ピルで避妊できている人とできない人がいる理由【大事な話】

人気記事【ピル】血栓症の症状と予防策について解説します。【知らないと危険かも】