【対人関係の悩みは一瞬で解決できる】アドラー心理学『嫌われる勇気』【要約&まとめ】

生活

みなさんこんにちは、にこやです。

「人に嫌われるのが怖くて、常にびくびくしてしまう。」
「人と深い関係になることが怖い。いっそ家に引きこもっていた方がマシだ。」

こんな風に感じているあなたへ。
今回、人間関係の悩みを解消できるとっておきの本を紹介します。

『嫌われる勇気 -自己啓発の源流「アドラー」の教え-』 岸見一郎著作

「嫌われる勇気」
結構衝撃的な題名ですよね。

「嫌われる勇気」って、「嫌われるのが正解」ってこと?

そんな風な誤解も生まれることが多いですが、本書の本質はそこにはありません。

今回紹介する本の内容

  • 「原因論」と「目的論」を理解しよう
    ・・・自分や相手を否定する心理とは
  • 対人関係の苦しみから逃れる考え方3つ
    ・・・①「これは誰の課題か」と考える
       ②「課題の分離」をする
       ③他人の課題には介入しない、自分の課題には誰も介入させない
  • 幸福とは、「他人への貢献感」である

【対人関係の悩みは一瞬で解決できる】と表記したように、本書を実践できれば散々悩んできたことが一気に解決できます。

是非、本記事でその一端をつかんでみてください。

ちょっと難しい言葉が多く使われていますが、かみ砕いて説明していきます。

「原因論」と「目的論」を理解しよう

アドラー心理学「原因論」と「目的論」
・「原因論」・・・原因→結果
ex)嫌われるのが怖いから、外に出られない。

・「目的論」・・・目的→原因
ex)外に出たくないから、「嫌われるのが怖い」という理由を後付けしている。

私たちは、普段「原因論」で物事を考えていますよね。

アドラー心理学は、その逆の考え方をします。

アドラー心理学は、「目的論」で考える

アドラー心理学では、人は必ず「目的」を持って生きていると考えます。
例えば、『怒り』の感情。

怒るつもりはなかったけど、ついカッとして・・・・

これを、否定します。
感情に突き動かされたのではなく、明確に「怒るぞ」という意思がある、というわけです。

同様に、過去の強烈な出来事である「トラウマ」にも言及しています。

「トラウマ」は存在しない

「過去に暴力を受けたから、人と関わるのが怖い。」

これも、「人と関わりたくない」から過去の出来事を理由にしている、といいます。

でも、どうしても忘れられない、強烈な出来事ってありますよね。

アドラーはこう言っています。
「自分に何が与えられたかではなく、与えられたものをどう使うか」が大切だ。

過去の出来事や経験は、自分に「与えられたもの」。
これをどう解釈し、どう活かしていくか。

トラウマがあるから、と理由を作っているのも「自分」だし、その出来事に意味を与え前に進んでいけるのも「自分」。

人生を決めるのは、過去の出来事やこれから起こる奇跡などではなく、「いま、ここ」に生きる私だ、ということを頭に入れてください。

次に、対人関係のストレスから逃れる方法を紹介します。

対人関係の苦しみから逃れる3つの方法

対人関係の苦しみから逃れる3つの方法

3つの方法

  • その①:「これは誰の課題か」と考える
  • その②:課題の分離をする
  • その③:他人の課題には踏み込まない、自分の課題には誰も踏み込ませない

その①:「これは誰の課題か」と考える

「その選択によってもたらされる結末を、最終的にうけるのは誰か」
この視点が、課題が誰のものかを見分けるために有用です。

例えば、上司と部下を例に出します。
上司は、部下に「これを○日までにやって提出してほしい」
と依頼し、部下はその依頼を受けました。

ここで、「これは誰の課題か」を考えてみましょう。

まず、依頼された仕事を「やるorやらない」という選択は、部下にあります。
なので、やるかやらないかの課題は、部下にある。

しかし、依頼した仕事を「受領or却下」するか。
これは、依頼した上司が決めること。つまり、上司の課題であるわけです。

このように、「これは誰の課題か」これを明確にすることで、次の「課題の分離」につなげることができます。

その②:課題の分離をする

「誰の課題か」が分かったら、必ず線引きをします。
これは自分の課題だけど、ここからは相手の課題だ、というようにですね。

「課題の分離」は、身近な人であればあるほどきちんと行わないといけません。
例えば、家族、親子、親友、など。

それは、次の③で詳しく説明します。

その③:他人の課題には踏み込まない、自分の課題には誰も踏み込まない

対人関係で息苦しさを覚えてしまうのは、他人の課題に踏み込んでいるからだといえます。
なぜなら、他人の課題をいくら考えたところでどうにもできないから。

「この企画書を出して、怒られたらどうしよう・・・」

そんなことを考え悩んでも、怒るか怒らないかは先方の課題です。
なので、こちらが考えても仕方がない。ネガティブになっていくだけです。

「あなたのためを思って」

よく「あなたのためを思って・・・」という言葉がありますよね。
一見、親身になって考えているような言葉です。
でも、結局それは「自分自身のため」の言葉で、相手のためではない。

そんなことないよ、冷たい考え方だな。

最初はそう感じました。
でも、本書ではこの後「課題への介入」と「援助」は異なるよ、という展開をします。
これを知ったら、確かに一理あるな、と思えるようになりました。

対人関係に悩む人は、「課題の分離」をおぼえておくといいです。

幸福とは、「他人への貢献感」である

幸福とは、「他人への貢献感」である

皆さんは、「どうしたら幸せになれるか」を考えたことはありますか?

本書では、幸福とは「他人への貢献感」だと示しています。

要は、「自分は今いる場所において価値のある人間だ」と思えることです。
それは巡って、「自分はここにいてよいのだ」という感覚を得ることにつながります。

「人の役に立っている」という感覚は、「人から承認される」ことでも手に入れられます。しかし、そこには自由がない。

アドラー心理学では、承認欲求を否定しています。
誰かの期待を満たすような人生は、自分に嘘をつき続ける人生であり、苦しい人生。

周りには仲間と呼べる人がおり、「自分には価値がある」と思えていれば、他人からの承認など必要ない、と断言していますね。

まとめ

まとめ
以上、『嫌われる勇気 -自己啓発の源流「アドラー」の教え-』でした。

やはり、本書のポイントは「課題の分離」でしょう。
人の目を気にしすぎて本来の働きができなくなってしまう人や、評価ばかり気になってストレスを抱えてしまう人には、是非一度読んでほしいです。

本書では、上記以外にも

  • 縦の関係と横の関係
  • 「普通」であることの勇気
  • 叱ってもだめだし、ほめてもだめ
  • 「人生のタスク」をどう乗り越えるか
  • 自己肯定ではなく、「自己受容」をする
  • 「劣等感」と「劣等コンプレックス」を理解せよ

など、対人関係の悩みを解消でき、さらに「自分はどうあるのが理想なのか」について追及できるような考え方が紹介されています。

本書をただ読んだだけでは、読む前と一切かわりません。
読み終えたら、必ず日常や社会での生活に活かしてみてくださいね。

最後で読んでいただき、ありがとうございました。

人気記事【ヤーズ・ヤーズフレックス】ピルで避妊できている人とできない人がいる理由【大事な話】

人気記事【ピル】血栓症の症状と予防策について解説します。【知らないと危険かも】