【2020年10月アニメ化決定!】『呪術廻戦-じゅじゅつかいせん-』【あらすじ&感想】

コミック サブカルチャー

みなさんこんにちは、にこやです。
今回は、『呪術廻戦』という作品を紹介したいと思います。
2018年よりジャンプコミックにて連載中の、超人気コミックです。

TVアニメ『呪術廻戦』PV第1弾

本記事の内容

  • 『呪術廻戦』あらすじ&登場人物
  • 『呪術廻戦』の「ここが良い!」3つ
  • 『呪術廻戦』レビュー

これを執筆している私はというと、最近までこの作品は知りませんでした。
「10月にアニメ化するすごい面白い漫画があるよ」と教えてもらい、全巻まとめ買い。
結果、大満足です。

今回は、『呪術廻戦』のあらすじ、その魅力について語っていきたいと思います。

『呪術廻戦』あらすじ&登場人物

作品について

  • 10巻まで刊行中
  • 11巻は2020年6月4日に発売予定(2020年5月29日現在)
  • 2020年10月~:毎週金曜日深夜1時25分よりMBS/TBS系全国28局ネット”スーパーアニメイズム”枠で放送決定

≫公式サイト

登場人物

現在、声優が発表されている主要人物のみ紹介します。

  • 虎杖悠仁-いたどり・ゆうじ-(cv.榎木淳弥)
  • 伏黒 恵-ふしぐろ・めぐみ-(cv.内田雄馬)
  • 釘崎野薔薇-くぎさき・のばら-(cv.瀬戸麻沙美)
  • 五条 悟-ごじょう・さとる-(cv.中村悠一)
  • 両面宿儺-りょうめん・すくな-(cv.諏訪部順一)

スタッフ

原作:「呪術廻戦」芥見下々(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:朴性厚
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:平松禎史
音楽:堤博明・照井順政・桶狭間ありさ
制作:MAPPA

あらすじ

「呪い」が具現化する世界。その餌となるのは、人間の生む負の感情だ。
呪いは日常にあふれ、最悪の場合、人間を死へと導く。
そんな呪いは、呪いでしか祓えない。

虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)は普通の高校生。驚異的な身体能力を持つ以外は、いたって普通でした。
ある日、仲間が“呪い”に襲われてしまいます。
強靭な肉体と身体能力で敵を殴ることはできるけれど、倒すことはできません。

なぜなら、「呪いは呪いでしか祓えない」から。

そこで虎杖は、仲間を助けるために特級呪物「両面宿儺(りょうめんすくな)の指」を食べて自分に呪術を宿すことにしました。
こうして、虎杖は特級呪いである「両面宿儺」と肉体を共有することとなります。

「オマエは強いから 人を助けろ」

虎杖の祖父は、自身が息を引き取る前にそんな言葉を投げかけました。

虎杖は、祖父の遺言を果たすため、自分の生き方を大きく変える決断をします。
まず、最強の呪術師、五条悟により「東京都立呪術高等専門学校」という「呪術師を育てる高校」へ転入することを決めました。

「呪い」を祓うべく、自身が「呪い」となった少年の後戻りできない物語が、今始まる―――。

『呪術廻戦』の「ここが良い!」3つ

『呪術廻戦』のここがいい3つ

  • その①:キャラクターの個性と成長が面白い
  • その②:正義のぶつかり合いに感情移入しちゃう
  • その③:『呪術廻戦』の前日譚「0巻」は必読の書

良さその①:キャラクターの個性と成長が面白い

呪術廻戦の見どころと言えば、キャラクターの個性と成長、価値観のぶつかり合いにあるといえます。

巻を重ねるごとに、見事に強くなっていくんですよね。
そして、時たま導入される「回想シーン」では、「このキャラにこんな過去があったんだ・・。」などと感情移入まったなし。

最高にクレバーな展開もありつつ、その魅力に一気に引き込まれます。

特に7巻での「伏黒恵」にはゾクゾクっとしましたね。ついに来た!という感じでした。

大切な仲間、家族、友達、過去を知れば知るほど好きになっていく。
敵キャラであってもなお、それは健在する漫画です。

『呪術廻戦』には、冒頭で紹介した登場人物のほかに、多くのキャラクターが登場します。
例えば、、、

都立呪術高専2年生

  • 禪院真希-ぜんいん・まき-
  • 狗巻棘-いぬまき・とげ-
  • パンダ

(虎杖や伏黒の先輩たちです。)

主役ではないのですが、主役級の強さと設定を持ち合わせているキャラたちです。

個人的には「禪院真希」が好きです。
そして、その過去が、今頑張る理由が、とても良い。

敵キャラ:呪い

  • 真人-まひと-
  • 漏瑚-じょうご-
  • 花御-はなみ-

この呪いたちも結構味があるキャラクターでして。
特に『真人』は、皆がてこずる最強キャラです。

『僕のヒーローアカデミア』の作者である「堀越耕平」先生も、呪術廻戦5巻のおまけページで、「真人が好きです!」と言っていました。

確かに、ビジュアルも能力も本当にチートレベルだなあなんて思います。
(どんな風にチートかは是非自分で確かめてください)
真人はこれから益々人気でてくるでしょうね。

良さその②:正義のぶつかり合いに感情移入しちゃう

それぞれに戦う理由、その大義を成し遂げたい理由が明確に存在しているのが『呪術廻戦』です。

特に、9巻での五条悟・夏油の過去編では色々明らかにされました。

  • 五条悟が最強となったきっかけ
  • 非呪術師を守るために戦ってきた夏油(げとう)が、非呪術師を毛嫌いするようになった理由

などなど。

「夏油(げとう)」とは

「夏油」って誰?という方のために簡単に説明。
「夏油」とは、呪術師だけの世界を作るために、「非呪術師」にあたる普通の人間のせん滅をもくろむやっかいな奴です。

五条悟の同期であり、学生時代2人は非常に仲が良かった。
しかしとあるきっかけで、夏油の価値観が大きく変わります。(8・9巻参照)

善と悪

何が善で、何が悪なのか。

一概にそれは決定づけられるものではなく、それぞれの判断に委ねられます。
だからこそ、伏黒が言ったあのセリフにはとても深い意味が込められていると考えます。

「俺は正義の味方(ヒーロー)じゃない、呪術師なんだ」

良さその③:『呪術廻戦』の前日譚「0巻」は必読の書

呪術廻戦には、「0巻」が存在します。
呪術廻戦0巻

内容

禪院真希(ぜんいん・まき)、狗巻棘(いぬまき・とげ)、パンダの3人が一年生だった頃の話。乙骨憂太(おっこつ・ゆうた)という一人の少年が入学してきます。
その少年は、「里香ちゃん」という超強い呪いの存在をその身に宿す人物。
乙骨は、自分自身を変えるために呪術高専の仲間と歩んでいく決意をするが・・・。

「愛ほど歪んだ呪いはないよ」

五条悟が乙骨に投げかけた言葉です。
その言葉が、後半にどう展開していくのでしょうか。

乙骨と里香ちゃんだけではなく、五条悟の過去編についてもつながる部分があり、非常に面白いです。
一番最初に読んでもいいし、10巻の後に読んでも良い。

ただ、一番最初に読んだら、すべて読み終えた後にもう一度読み返してみてください。

「すっげえええええぇぇぇぇぇえええええ・・・・。」

となります。

合わせて読みたい:0巻まとめ


 

最終回は既に決まっている?

0巻のあとがきで、「最終回は既に決まっています。」という記載がありました。
芥見先生の頭の中ではもう完成されているんですね。

今後どのような展開を迎えるのか、そして結末はハッピーエンドなのかバッドエンドなのか、すでに楽しみです。

個人的には、誰にとってもハッピーエンドがいいな。

例えば、誰しもが呪術師になれる世界、とか。

『呪術廻戦』レビュー

呪術廻戦『10巻』のカスタマーレビューから、いくつか紹介します。
ただ引用はできないので、ポイントだけざっくり。
ちなみに評価は、驚きの☆4.7(評価数205)。超高評価でした(当然か)。

良い評価

  • テンポよく描かれており、場面展開が早い。
  • 絶対に買うべき一冊。この後の展開にも超期待。
  • キャラクターやストーリーが良いだけでなく、編集センスがすごい。
  • 難しいことは合間に作者の解説があるので、理解しながら読んでいける。

逆に、悪い評価もちょっとあります。

悪い評価

  • 主人公が誰なのかわからなくなる(五条悟の出番が多すぎ)。
  • 他作品の匂いがプンプンとしてしまう。オマージュかな、と鼻につく。

こんな具合でした。
私個人としては、五条悟大好きなので現状大満足していますし、作品自体すごく魅力的ですのでこれからも期待しかないです。

まとめ

以上、『呪術廻戦』についてまとめでした。
アニメ化が待ちきれないと同時に、どこまで描かれるのかがすごく気になります。

0巻と五条悟の過去編は映画化してほしいな・・・

そんな淡い期待も抱きながら。(笑)

もうすぐ11巻が発売されますが、その勢いはどこまで続いていくのでしょう。
『五条悟vs真人』の最強対決もすぐそこまで来ている感じがします。
楽しみで仕方ありません。

6月4日、早く来たれり~

人気記事【ヤーズ・ヤーズフレックス】ピルで避妊できている人とできない人がいる理由【大事な話】

人気記事【ピル】血栓症の症状と予防策について解説します。【知らないと危険かも】